Qui,Qui,Quippie's diary

ジワジワくるブログ。保健室の先生からパールジュエリー作家になりました。

松山の安藤忠雄建築「坂の上の雲ミュージアム」へ

自粛要請が解除されて間も無く、私は松山へ行きました。

仕事のためですが、時間ができたのでせっかくだから松山で行きたかったところ、坂の上の雲ミュージアムへ。

 

やはり、というのか分からないですが、観光客が少ないからなのか人が少なくて、貸切状態で見ることができました。

写真がいっぱいなので重いかもしれません🙏🏻🙏🏻💦

 

f:id:quippie:20200812180044j:plain

f:id:quippie:20200812180055j:plain

f:id:quippie:20200812180106j:plain

f:id:quippie:20200812180116j:plain

f:id:quippie:20200812180127j:plain

f:id:quippie:20200812180136j:plain

f:id:quippie:20200812180147j:plain

f:id:quippie:20200812180158j:plain

 

f:id:quippie:20200812180225j:plain

f:id:quippie:20200812180238j:plain

f:id:quippie:20200812180249j:plain

 

建物を撮るのはOKということで、人がいない中、好きなように撮ることができました📷

 

思えば、私に建築の世界を教えてくれたのは、2つ上の姉でした。

姉は、建築家を目指して大学は建築を学ぶ学部へ。

 

その姉に連れられて、いろんな建築物を見たり、有名建築家の本を見せてもらったりしました。

 

二人で旅行した時にも、旅行先の安藤忠雄建築を見に行きましたね。

建築のみでなく、イームズチェアや柳宗理のカトラリーなど、インダストリアルデザインの世界も姉の影響で知ることになりました。

 

学生の頃、デザインの世界に触れた体験は今でも印象深くてよく覚えています。

モエレ沼公園や、日本民藝館へ行ったこと。

イームズチェアのレプリカを購入したことなど。

 

私自身は、保健室の先生という、デザインなどとは離れた進路を選びますが、学生時代にデザインやアートに触れられた経験は、15年以上経った今の生活の中にも影響は大きいです。

 

それでは!