Qui,Qui,Quippie's diary

毎日の色々なこと。ダイエット・食事・旅行・買物の事など。

新小岩つけ麺の名店『麺屋一燈』

行って参りました、『麺屋一燈』(いっとう)。

新小岩に住んでいる、という話をすると、このお店の名前を出してくる人がいて、

知りません、行ったことないです、と言っていましたが、あまりにそのお店の名前を出す人が多くて気になってきたので調べてみると、食べログでの評価も高い。

そこそこ高いのではなく、めちゃくちゃ高いのです。こんなに評価が高いお店がウチの近くにあるのなら、言ってみない訳には行かない、ということでお店の前まで行くと、その行列の長さに諦めてしまうこと3回。

 

4度目は行列を覚悟して、平日の夕方、開店間近にお店へ着いた。

すると、行列は思っていたほどではなく、11,12人ほどでした。これならオッケーと思って、私も列に連なった。

ほどなくすると、お店から店員さんが出てきて、

「寒い中、お待ちくださりありがとうございます。それでは順番にご案内いたします。」と丁寧に挨拶し、順番に通されました。ちょうど私の目の前の人まで中に案内された。


f:id:quippie:20180104133737j:image

待っている間に、ぽつりぽつりと人がやってきては私の後ろに列をつくっていった。

その間に食券を買いました。並んでいる間に食券を買う順序らしい。メニューは迷わず、つけ麺を選びました。

15分か20分ほどすると、一陣のうちの一人がお店から出てきて、私が中へ。食券を渡してすぐに席へ案内された。

つけ麺は極太麺なので、ゆでる時間もそこそこかかると表示されており、席に座って数分後に待ちに待ったつけ麺がやってきました!

 
f:id:quippie:20180104133757j:image


f:id:quippie:20180104133823j:image

つゆ
f:id:quippie:20180104133843j:image

先ずはおつゆを味見です。見た目にも濃厚ですが、脂っこくも塩っぱくもなく、魚介の旨味がぎゅぎゅっと濃縮されていて、香りが豊かです。

麺はもちもちという感じではなく、つるつるとした固めの麺で歯ごたえある感じでした。おつゆと絡んで絶妙なバランス。

鶏つくねがスープに入っていましたが、こちらは柚子胡椒の香りがして、食べ途中で口の中に変化をつけさせるのにちょうど良かった。

 

新小岩は地元の人が多く住む町で下町感もあり、そんな駅のお店にほぼ毎日行列ができるなんて、どれほどのお店か?という興味もあったのですが、食べログの評価の高さや評判に納得の味でした。スープも麺も丁寧に人の手で作られている感じで美味しかったです。

そもそもつけ麺の好みは分かれるところで、実は私もつけ麺よりラーメンに魅かれるので、こちらのラーメンも是非とも食べてみたいなぁ。ラーメン店に一人で並ぶのは少々勇気が要りましたが、これで怖いものなし。また並ぼうと思います。