読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qui,Qui,Quippie's diary

毎日の色々なこと。ダイエット・食事・旅行・買物の事など。

7.学習目標の表【2.価値観、態度、スキル】

国際性教育実践ガイダンス【和訳】

先ずはこちらをお読みください。

 

quippie.hatenablog.com

 

7.学習目標の表【2.価値観、態度、スキル】

2.1 価値観、性の学習の態度と根源
レベルⅠ『価値観の定義付けと平等・尊敬・受容・寛大さのような重要な個人の価値観を分別する』
●価値観は、重要な問題について個人・家族・地域が持つ強い信念である
●価値観や信念は人生や人間関係における決断の道しるべとなる
●個人・仲間・家族・地域は異なった価値観を持つかもしれない

2.1 Values, Attitudes and Sources of Sexual Learning
Learning Objectives for Level I (5-8 years)
Define values and identify important personal values such as equality, respect, acceptance and tolerance
Key Ideas:
・Values are strong beliefs held by individuals, families and communities about important issues
・Values and beliefs guide decisions about life and relationships
・Individuals, peers, families and communities may have different values

 

レベルⅡ『価値観・態度・性教育のソース』

●ほとんどの親は、彼らの価値観を子ども達に教え、例示する
●家族や地域によって私たちにもたらされる価値観や態度は、私たちの性教育のソースである
ジェンダー・人間関係・親密な関係・愛・性や生殖に対する価値観は、個人の行動や意思決定に影響を与える
●文化的な価値観は、男女のジェンダー役割の平等や期待に影響を与える

Learning Objectives for Level II (9-12 years)
Identify sources of values, attitudes and sexual learning
Key Ideas:
・In most families parents teach and exemplify their values to their children
・Values and attitudes imparted to us by families and communities are the sources of our sexual learning
・Values regarding gender, relationships, intimacy, love, sexuality and reproduction influence personal behaviour and decision-making
・Cultural values affect male and female gender role expectations and equality

 

レベルⅢ『性と生殖・性に関する問題の範囲に関する彼ら自身の個人の価値観を説明する。彼らの価値観が自身の決断や行動にどのように影響するのか明確な例を提示する』
●自分自身の価値観・信念・態度について知ることは大切なことであり、それらが他者の権利や権利のために立ち上がる方法においてどのように影響を与えるか
●誰もが寛大になり、異なった価値観・信念・態度に尊敬を抱くことが必要である

Learning Objectives for Level III (12-15 years)
Describe their own personal values in relation to a range of sexuality and reproductive health issues
Provide clear examples of how personal values affect their own decisions and behaviours
Key Ideas:
・It is important to know one’s own values, beliefs and attitudes, how they impact on the rights of others and how to stand up for them
・Everyone needs to be tolerant of and have respect for different values, beliefs and attitudes

 

レベルⅣ『自分自身の価値観に一致したやり方で行動する方法を説明する』
●子どもが成長するにつれて、彼らは、親の価値観とは異なるであろう自分自身の価値観を獲得する。
●親子の関係性は、人がお互いの価値観を尊敬し合うときに役に立つ
●全ての人間関係は人がお互いの価値観を尊敬し合うことに役に立つ

Learning Objectives for Level IV (15-18 years)
Explain how to behave in ways that are consistent with one’s own values
Key Ideas:
• As children grow up, they develop their own values which may differ from their parents
• Parent-child relationships are strengthened when parents and children talk to one another about their differences and develop respect for each other’s rights to have different values
• All relationships benefit when people respect each other’s values

 

2.2 性行動における規範や仲間の影響
レベルⅠ『仲間による圧力を定義付ける』
●仲間による圧力は沢山の異なった形で存在する
●ある仲間からの影響は良くも悪くもなる可能性がある

2.2 Norms and Peer Influence on Sexual Behavior
Learning Objectives for Level I (5-8 years)
Define peer pressure
Key Ideas:
・Peer Influence exists in many different forms
・Influence from one’s peers can be good or bad

 

レベルⅡ『社会規範行動とそれらの影響を説明する』
●社会規範は、性的な価値観や性行動も含めた価値観・行動に影響する 
●ネガティブな社会規範や仲間による圧力は、独断的行動や他の手段を通して強いられる可能性がある

Learning Objectives for Level II (9-12 years)
Describe social norms and their influence on behavior
Key Ideas:
• Social norms influence values and behavior, including sexual values and behavior
• Negative social norms and peer pressure can be challenged through assertive behavior and other means

 

レベルⅢ『性行動や性的場面での決断において仲間や社会規範がどのように影響するか説明する』
●社会規範や仲間の影響(いじめや仲間によるネガティブな圧力のような)は性的意思決定や性行動に影響を及ぼす可能性がある
●性的関係について“はい”“いいえ”の言い方やタイミングを学ぶことは断定的手段であり、ある人の決定に執着することである

Learning Objectives for Level III (12-15 years)
Explain how peer influence and social norms influence sexual decisions and behaviour
Key Ideas:
・Social norms and peer influence, such as bullying and negative peer pressure, can affect sexual decision-making and behaviour
・Being assertive means learning when and how to say ‘yes’ and ‘no’ about sexual relationships, and sticking to one’s decision

 

レベルⅣ『仲間による圧力に抵抗するスキルを実証する』
●性行動において合理的決定をすることは可能である
●人々は、性的意思決定の中でネガティブな仲間の影響に抵抗することができる

Learning Objectives for Level IV (15-18 years)
Demonstrate skills in resisting peer pressure
Key Ideas:
・It is possible to make rational decisions about sexual behavior
・People can resist negative peer influence in their sexual decision-making

 

2.3 意思決定
レベルⅠ『良い決断・悪い決断とその結果の例を分別する』
●個人は自分自身で決定を下すことができうる存在に値する
●全ての決断は結果を伴う
●意思決定は学ぶことができるスキルである
●子どもや若者は確かな決定をするために大人からの手助けを必要とする

2.3 Decision-making
Learning Objectives for Level I (5-8 years)
Identify examples of good and bad decisions and their consequences
Key Ideas:
・Individuals deserve to be able to make their own decisions
・All decisions have consequences
・Decision-making is a skill that one can learn
・Children and young people may need help from adults to make certain decisions

 

レベルⅡ『問題に対処するための意思決定の過程に着目する』
●意思決定は異なったステップを伴う
●意思決定は結果があり、それらは大抵予想することができる;従って、心の中で最も良い結果を選ぶことが重要である
●決断において、友人・文化・ジェンダー役割のステレオタイプ・仲間・メディアを含む複数の影響がある
●信頼できる大人は意思決定の手助けの源になりうる

Learning Objectives for Level II (9-12 years)
Apply the decision-making process to address problems
Key Ideas:
・Decision-making may involve different steps
・Decision-making has consequences and these can often be anticipated; therefore it is important to choose with the best outcome in mind
・There are multiple influences on decisions, including friends, culture, gender role stereotypes, peers and the media
・Trusted adults can be a source of help for decision-making

 

レベルⅢ『異なる決断の結果と利点と不利を評価する。
性または生殖における心配へ対処するための意思決定の過程に着目する』
●防壁(原文;barriers)は性行動において理性ある決断の邪魔になりうる
●感情は性行動に関する意思決定における一つの要因である
●アルコールとドラッグは性行動において理性のある決断を損なう可能性がある
●性行動に関して意志を決めることは、可能性のある全ての結果を熟慮することも含んでいる
●性行動における決意は人々の健康や将来、人生設計に影響を及ぼし得る

Learning Objectives for Level III (12-15 years)
Evaluate advantages, disadvantages and consequences of different decisions
Apply the decision-making process to address sexual and/or reproductive health concerns
Key Ideas:
・Barriers can stand in the way of making rational decisions on sexual behavior
・Emotions are a factor in decision-making about sexual behavior
・Alcohol and drugs can impair rational decision-making on sexual behavior
・Making decisions about sexual behavior includes consideration of all of the potential consequences
・Decisions on sexual behavior can affect people’s health, future and life plans

 

レベルⅣ『性における意思決定が及ぼし得る法的・社会的・健康的結果を分別する』
●性行動は自分自身と他者に結果をもたらし、望まない妊娠やエイズを含む性感染症と同様の法的結果をもたらすかもしれない
●国の法律は若者ができる事・できない事に影響を及ぼすことができる
基本的人権に有用な指標を提供する性や生殖に関連した国際条約や協定がある(例;CEDAW、CRC)これらは保健サービスにアクセスするための国内の法律と共に見つけることができる、性的同意年齢(性行為の同意能力があるとみなされる年齢の下限)など

Learning Objectives for Level IV (15-18 years)
Identify potential legal, social and health consequences of sexual decision-making
Key Ideas:
• Sexual behavior has consequences on oneself and others, and may include legal consequences as well as unintended pregnancy or STIs, including HIV
• National laws can affect what young people can and cannot do
• There are international conventions and agreements relating to sexual and reproductive health that provide useful orientation to human rights standards (e.g. CEDAW, CRC) that can be looked at in conjunction with national laws related to access to health services, age of sexual consent, etc.

 

2.4 コミュニケーション、拒否および交渉のスキル
レベルⅠ『様々なタイプのコミュニケーションを実証する』
●全ての人々は自分自身を表現する権利を持っている
●コミュニケーションは親子関係や信頼できる大人、友人を含む全ての人間関係において重要である
●人々は非言語コミュニケーションも含めた様々なコミュニケーション方法を持っている
●“はい”“いいえ”の明確なコミュニケーションは、個人のプライバシーと身体の保全を守る

2.4 Communication, Refusal and Negotiation Skills
Learning Objectives for Level I (5-8 years)
Demonstrate understanding of different types of communication
Key Ideas:
・All people have the right to express themselves
・Communication is important in all relationships including between parents and children, trusted adults and friends
・People have different ways of communicating, including verbal and non-verbal communication
・Clearly communicating ‘yes’ and ‘no’ protects one’s privacy and bodily integrity

 

レベルⅡ『効果的・非効果的コミュニケーションの例を実証する』
●効果的なコミュニケーションは様々な身振りやスタイルを使い、学ぶことができる
●断言することはコミュニケーションの側面では重要である
ジェンダー役割は人と人のコミュニケーションに影響を与える
●交渉は相互の尊敬・協力、時に全ての当事者からの妥協を必要とする

Learning Objectives for Level II (9-12 years)
Demonstrate examples of effective and ineffective communication
Key Ideas:
• Effective communication uses different modes and styles, and can be learned
• Being assertive is an important aspect of communication
• Gender roles can affect communication between people
• Negotiation requires mutual respect, cooperation and often compromise from all parties

 

レベルⅢ『拒否や交渉のスキルを使う中で信頼を実証する』
●良いコミュニケーションは個人・家族・恋愛・学校・職場の人間関係において重要である
●防壁(原文;barriers)は効果的なコミュニケーション方法の邪魔になる可能性がある
●効果的コミュニケーションは子どもたちや若者が権力を持った人やその他の大人による望まない性的圧力や暴言を拒否するための助けとなる
ジェンダー役割や思い込みは性的な関係の交渉に影響を与える

Learning Objectives for Level III (12-15 years)
Demonstrate confidence in using negotiation and refusal skills
Key Ideas:
・Good communication is essential to personal, family, romantic, school and work relationships
・Barriers can stand in the way of effective communication
・Effective communication can help children and young people refuse unwanted sexual pressure and abuse by people in positions of authority and other adults
・Gender roles and expectations influence the negotiation of sexual relationships

 

レベルⅣ『個人的要望や性的制限の効果的コミュニケーションを実証する』
●合意に基づいた安全な性交は効果的なコミュニケーションスキルを要する
●積極性と交渉スキルは、望まない性的圧力への抵抗や安全な性交を実行するための意思の強化を助けることができる

Leaning Objectives for Level IV (15-18 years)
Demonstrate effective communication of personal needs and sexual limits
Key Ideas:
• Consensual and safer sex requires effective communication skills
• Assertiveness and negotiation skills can help one to resist unwanted sexual pressure or reinforce the intention to practise safer sex

 

2.5 救助を求め、支援を見つける
レベルⅠ『人々がお互いに助け合う事ができる具体的な方法の分別をつける』
●全ての人々は守られ支援される権利を持っている
●友人・家族・先生・聖職者・地域のメンバーはお互いに助け合う事ができるし、そうすべきである
●信頼できる大人は救助や支援のソースになることができる

2.5 Finding Help and Support
Learning Objectives for Level I (5-8 years)
Identify specific ways in which people can help each other
Key Ideas:
・All people have the right to be protected and supported
・Friends, family, teachers, clergy and community members can and should help each other
・Trusted adults can be sources of help and support

 

レベルⅡ『特定の問題や救助のための情報源に関連した区別』
●学校の中や広い地域の中に支援や救助の様々な情報源がある
●いくつかの問題は学校や地域の外に救助を求める必要があるかもしれない

Learning Objectives for Level II (9-12 years)
Identify specific problems and relevant sources of help
Key Ideas:
• There are different sources of help and support in your school and wider community
• Some problems may require asking for help outside of the school or community
• Unwanted sexual attention, harassment or abuse needs to be reported to a trusted source of help

 

レベルⅢ『救助の適切な情報源を区別』
●恥や罪悪感は救助を探すための障壁になりうる
●批判的評価は、救助の情報源としてインターネットのようなメディアを使用する時に必要とされる
●人々が性や生殖の健康のための支援(STIHIVのためのカウンセリング、検査、治癒など;避妊や性的罵倒、レイプ、ジェンダーに基づいた暴力、中絶、中絶後のケア、スティグマ、差別のためのサービス)にアクセスできる場所がある
●良い救助の情報源は気密性を保ち、プライバシーを保護する

Learning Objectives for Level III (12-15 years)
Identify appropriate sources of help
Key Ideas:
・Shame and guilt should not be barriers to seeking help
・Critical assessment is needed when using the media (e.g. the Internet) as a source of help
・There are places where people can access support for sexual and reproductive health (e.g. counseling, testing and treatment for STIs/HIV; services for contraception, sexual abuse, rape, domestic and gender-based violence, abortion and post-abortion care4 and stigma and discrimination)
・A good source of help maintains confidentiality5 and protects privacy

 

レベルⅣ『適切な救助を求める行動を区別する』
●積極性は適切な救助の情報源を区別するための必要なスキルである
●誰もが、機密性やプライバシーの保護が維持されている、事実に基づいた手ごろな価格の手厚い支援の権利を持っている。

Learning Objectives for Level IV (15-18 years)
Demonstrate appropriate help-seeking behavior
Key Ideas:
• Assertiveness is a necessary skill for identifying an appropriate source of help
• Everyone has the right to affordable, factual, and respectful assistance that maintains confidentiality5 and protects privacy