読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Qui,Qui,Quippie's diary

毎日の色々なこと。ダイエット・食事・旅行・買物の事など。

瀬戸内海の島 豊島のアートを巡る旅

昨日、高松築港からフェリーで豊島に行き、民宿に泊まった。

今日は朝からレンタサイクルを借りて、
宿泊場所の家浦港付近から『心臓の音アーカイブ』へ。

そこまでは30分くらいで着きました。


豊島は檀山というトーキョータワーよりも高い標高の山があり、


その一部を通るために、

坂を登って、そして坂を下って行きます。


豊島では電動自転車を借りるべきです。


初めて電動自転車に乗りましたが、とても快適。


電動自転車が欲しくなる人の気持ちがよくわかりました。


道の途中では、ところどころ景色がとても良くて、

時々写真を撮りながら移動しました。

f:id:quippie:20150824190651j:image

f:id:quippie:20150824190715j:image

心臓の音アーカイブに行く途中で
豊島美術館』の前を通り過ぎました。


心臓の音アーカイブを見た後、

来た道を戻って豊島美術館へ行きました。


アーティスト内藤礼さんが好きで豊島に行ったようなものでしたので、


大本命の豊島美術館に来れてとても嬉しかったです。


写真やテレビで見ていましたが、

この作品は実際にその場に行かないとわからない、

そういう作品だろうと思って、どうしても行きたかったのでした。


そしてその後、また来た道を戻るようにして、


途中で『空の粒子』に寄ったり、
f:id:quippie:20150824191437j:image

『トムナフーリ』に寄ったりしながら、

11:30頃に家浦港付近へ戻ってきました。

心臓の音アーカイブに入ったのが10時でしたので、

約1時間半でいくつも見ることができました。


体が疲れていたので、

『てしまのまど』さんにてお昼休憩にしました。

美味しかったです。

豊島ではままかりという魚がよく採れるそうで、

ままかりの南蛮漬け定食をいただきました。


そして、食事をした後、

豊島横尾館』へ。

横尾忠則さんというアーティストの作品を見ることができます。

彼の作品にはは死をテーマにしたものも多く、

それは、

横尾さんが死を恐れていたからだ、

ということがある書籍に書かれていました。

ゾッとする作品もあるのですが、それを面白いと感じる自分もまた面白い。


その後、民宿に戻ると12:30過ぎ。


民宿にはカフェが併設されており、そこで新鮮な豊島産のフルーツを使った飲み物を出されています。


f:id:quippie:20150824193207j:image
いちごと豆乳のドリンク。

とっても美味しかったです。

自然な甘さっていいですね。

今はやりの酵素もたっぷり摂れたでしょう。

左上にちょっと写っているのが、

ままかりの骨せんべい。

三枚おろしの真ん中の部分。

「どうぞ」と特別にいただきました。

同じ民宿に泊まられてた方が

早朝に出掛けて、漁の体験をされて、

釣れたお魚たち
f:id:quippie:20150824193738j:image

こちらを民宿の方が捌いて、お刺身を出してくださいました。

朝からままかりのお刺身です。
f:id:quippie:20150824193959j:image

贅沢でした。

私が泊まった素敵な民宿は田村さんの民宿です。

私は午前中で充分、見たいところは見れましたし、体も疲れていたので、

14:00宇野港行きのフェリーで帰ることにしました。

宇野港に着くと、アラーキーこと荒木経惟さんの作品が出迎えてくれます。
f:id:quippie:20150824194353j:image

f:id:quippie:20150824194401j:image


今は、新幹線の中です。

岡山から東京までは3時間以上。

結構お尻が痛いです。


家の布団で眠るのが楽しみです。


それでは。